着物のアクセサリーのひとつ、帯留め。
江戸時代からあると聞きました。いつの時代もおしゃれ好奇心はあるものですね。
和洋日和は、そんな日本の歴史ある”和”アクセサリーを1点ずつ手描きで制作しています。

和洋日和の帯留め

帯留めを身に着ける方とそれを正面から見る方の双方が楽しくなるような、ストーリーのあるモチーフをデザインをしています。
デニムや木綿、浴衣などのカジュアルな着物、紬や小紋などの普段やちょっとお出かけの際の着物とコーディネートして、”身に着けるアート”を楽しんでください。

制作工程

ヨーロッパの伝統的な絵付け技術を用いています。
1点ずつ、複数の工程を踏んで制作しているため、数多くつくることはできません。
詳しくは『帯留めが出来上がるまで』をご覧ください。

“和”と”洋”の伝統が、小さな白磁の上でひとつになった帯留めが
日常にも装いにフワリと華を添えて、いつでも着物日和でありますように。