まず帯留めに描く”絵”を考え、デッサンを起こします。
帯留めに使う白磁は、握りこぶしにすっぽり隠れるほどの大きさで、その小さな”キャンバス”に、どんなストーリーを展開しようか考えます。
デッサンを元に”下絵(トレース)”を作成して白磁に写し、絵付けを行います。

和洋日和は、“磁器上絵付け”という技法で制作しています。
専用のカラーパウダーとオイルで絵付けし、窯で焼成、といった工程を何度か繰り返します。
金彩の入るものは、専用の金液で絵付けし、焼成後磨きます。

カラーパウダーとオイルを混ぜ合わせる、筆に絵の具を含ませ、描く。すべての工程が経験と”勘”が頼りになる手作業です。
同じモチーフでも、仕上がりが1点ずつ微妙に異なる場合があります。

手描きのものを手にとる楽しみとしていただけると幸いです。